小さな発見

研究生の笹尾です。

福島復興のお手伝いを初めて早半年たちました。仮設住宅のサロンでのレクレーションの運営や、腰を痛めない介護講習会等約40か所、600名近くの方に参加いただいています。お伺いするたびに、いろいろな気づきがあり、勉強になります。例えば、レクレーションにいらっしゃる高齢者の方が、とても高血圧の方が、多く、気になっておりました。地元の方にうかがうと塩分の多い食事のためだそうです。ですので、レクレーションの後で、「塩分控えめ、しっかり味付け簡単レシピ」のご紹介をしました。とても、喜んでいただけましたが、特に興味を持たれた点は、実際に一人分の食材をお持ちして、塩ひとつまみの量をおみせしたことでした。理由は、今までは大家族で一度でたくさんの食事づくりになれていらっしゃったので、一人分、二人分の量のイメージがつきずらかったそうです。その話を単身赴任の男性にしたところ、自宅で一人で料理をつくろうとしても、一人分の料理本がなく、どうしても、お惣菜を買ってしまうのだよね・・といっていました。このことは、私には、とてもインパクトのある発見でした。半年かかっても気づかなかった発見でした。
今後、一人前を意識したレシピづくりの紹介することをより積極的に展開することと、もっと、もっと、福島の方に寄り添ったお手伝いをしていかなければいけないなあと深く反省した次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です