そうだよね~

M1 村田光生です。

る営業系コンサルタントの話し。

(お客)「おたくの教育セミナーは高いからな~」、
(営業)「いや、高くても効果があるんですよ」
(お客)「そんなに高いのなら結構です」

相手の言葉を否定してからの会話は、相手も更に否定言葉を使うことになり、話しは進まなくなる。

(お客)「おたくの教育セミナーは高いからな~」
(営業)「そうなんです。非常に高いがゆえに、次の2つのメリットがあります」
(お客)「どんなメリットなんだい」

相手の言葉をまず受け入れるところから始まると、相手も聞く耳を持つようになる。

これって、普段の日常会話でも、当てはまることだと思いました。

自分の場合、肯定することから始まっているのだろうか、それとも否定する言葉から始まっているのだろうか?

相手のことは直ぐに分かりますが、自分の事は分からないもの^_^;

お互いに肯定しあうところから始まる会話って、お互いが相手の意見を素直に聞けるし、しかも短時間に終わることが多い。

反対の否定しあう言葉から始まる会話は、力が強い方が勝ち、いい負けたほうは気分も悪くなり、イヤイヤの行動となる。

どちらが良いかは一目瞭然ですね(^^)


自宅近くの公園

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です