超一流選手とは?

M1 村田光生です。

その国を代表するオリンピック選手は間違いなく超一流選手。

(株)サンリの西田文郎氏は超一流の選手というのは「感謝ができる人」だと言います。

「自分の力だけでここまできた」という人は一流どまりでオリンピック代表選手にはなれないと。

感謝できる人だからこそ、「お世話になった人たちに喜んでもらいたい」と思うことで力以上の実力を発揮する。

オリンピック代表選手のインタビューを意識してきいてみてください。

メダルが取れても、取れなくても「お世話になった方に感謝したいです」、「今後に生かして行きたいと思う」という前向きな言葉が出てきます。


五輪マーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です