気になります

野口具秋です。

ゲストは障がい者の保険会社です。
障がい者は保険加入が難しいとは知りませんでした。
無関心だったのが本心です。
もう少し詳しく話を聞かなければ。
席を移し、6人で盛り上がったのですが、
時間が経っても後続が現れません。
少し寂しい新たな仲間の歓迎の宴です。
2時間ほど後、ドカーンと仲間が現れました。
打ち合わせが伸びに伸びたのです。
一気に大騒ぎになりました。解散は11時になっていました。

年に2回、入居者全員でマンションを清掃します。
町内会の一斉行事です。隣人同士の関係が疎です。
必ず参加します。数少ない交流の機会ですから。
古びてきたマンションは手入が必要なのです。
ビックリする住民が集まってきました。
若い住民が多く集まってきました。初めてです。

少し汗ばむ季節です。
公園は大樹の日影が心地よい風景と映ります。
公園を通り、バス停に向かいます。
桜の大木一杯に茂った條々や葉は
小さな公園の半分ほどを日差しで遮って、
涼しげな影を提供しています。
陽だまりでは、少年がサッカーに熱中しています。
隣接した保育園から、はしゃいだ園児たちの声が響いてきます。

ベランダに少しずつ色とりどりの花が増えています。
オレンジやイエロー、バイオレットなど園芸店に出掛けるたびに、
高くない季節の花を買い求めるのです。
どこか庭先のバラの門がピンクのバラで咲き誇っています。
フェンスに沿ってホワイト、レッドのバラが沢山咲いています。
立ち止まって鑑賞します。
そのたびにマイク真木の「バラが咲いた」を口ずさみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です