お焼香と決意

6月に亡くなった顧問先社長(享年52歳)の
ご自宅に、お焼香をあげに伺った。

玄関で奥様にご挨拶をし
仏間に通された。

そこで出迎えてくれたのは
亡き社長が闘病中の
今年4月に生まれたばかりの
女の赤ちゃん。
ニコニコと笑って、
ベビーチェアーに座っている。

赤ちゃんを見た瞬間に
私の目から一気に涙が噴き出した。
赤ちゃんに一礼し、溢れる涙のまま仏前に向かう。

今度は、亡き社長の笑顔の遺影。
胸に塊のようなものができ
嗚咽としてこみ上げてくることを止められない。

私は決めた。
この子と、この子のお姉ちゃん(4歳)が、成人するまで護り抜くと。
まずは、10年・20年と安心して暮らせる経済基盤の確立から。
亡き社長のご冥福を心から祈る・・・。

今日一日、みなさまにとって、素晴らしい日になりますように・・・。

春木清隆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「お焼香と決意」への2件のフィードバック

  1. 春木さん
    早くに亡くなられたことの肯定的意図を、ご家族の方が理解し、前向きに過ごすことができるように、春木さんが支えてあげていければいいですね