1週間のラッキーな出会いに感謝します

坂本光司研究室ブログ、金曜日担当の修士1年の知野進一郎です。

先週は木曜日の夜に静岡サテライトキャンパスで、アジアと中小企業の4回目の授業で「第4回日本でいちばん大切にしたい会社」「大賞受賞」の沢根スプリング株式会社の沢根社長さんの講義。厳しさの中に優しさがあるお話に感謝します。

金曜日は栃木県真岡市の有限会社 真京精機さんを視察させていただきました。
社員46名の半分近くが障がい者、3代目になる武田浩之専務にお話をお聞きする。障がい者が健常者にない障害者の良さはと質問すると、10の内9はまったくできないが、できる1は健常者より優れているとのことだった。その通りだと思う。かなりの障がい者施設・会社を訪問しているが、障がい者と健常者の違いが分からない真京精機さん、素晴らしい!人間って、誰でも与えられた100%をどう全力投球するかだ。
同行している先輩方と別れて武田専務に宇都宮まで送っていただいた。ランチも一緒で学ばせていただいた。感謝!

午後は沖縄サミットでワインを提供した、障がい者が葡萄・ワインを創る、足利市のココ・ファーム・ワイナリーさんを訪れ、ほっとするひとときを過ごせた。来月は葡萄の収穫祭で賑わう。
ケ-キとコ-ヒ-を飲みながら朝から三度目の涙を流す。私と同じ金曜日に坂本ゼミブログを担当する同級生の西森義人さんの流れるような文章のブログにだ。20~30年前までは障がい者への偏見があった。また、最近は聞かないが部落差別もあった。私が中学生の時に世間体を気にする伯父が部落の人と結婚したら縁を切ると言われた。私は障がい者も部落の人も同じ人間なのにおかしいと反発していた。

坂本光司研究室のブログはFacebookで入学前の昨年の師走から毎日見ていいねを押していた。年令が私の半分にもならない同級生や先輩方のブログ、すべて学ばせていただいている。

今週の月曜日は台風の中、静岡サテライトキャンパスで師匠、坂本先生の地域経済学の授業。各種の統計について講義をされる坂本先生、凄さを実感すると同時にご縁に本当に本当に感謝します。ありがとうございます。

*西森義人さんのブログは、法政大学大学院坂本光司研究室の10月10日金曜日をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「1週間のラッキーな出会いに感謝します」への2件のフィードバック

  1. 知野さん
    おはようございます!
    ココ・ファーム・ワイナリーは昨年訪問いたしました。
    足利駅から歩いて行ったら結構な距離でかなりの運動量でした。
    購入したワインもとってもおいしかったです♪