女性に優しくないと人手不足倒産時代!

坂本光司研究室のブログ、金曜日担当の修士1年の知野進一郎です。

先週の10月18日土曜日、待ちに待った、埼玉県三芳町の石坂産業株式会社さんへ坂本先生とゼミ生が訪問させていただきました。
3Kの職場と感じさせない人に優しい企業、おもてなし企業でした。
1999年、テレビ報道によってダイオキシン騒動が起こりました。3週間後にテレビ番組が謝罪しましたが、風評被害により倒産寸前まで追い込まれた企業です。報道の自由だけ権利と主張するマスコミの体質は繰り返されている。

女性として経営者として素敵な石坂典子社長、社長が考えられている新卒者の採用や障がい者雇用をされると超「人に優しい企業になる」。坂本先生がディズニ-ランドと仰る環境リサイクル企業だ。

懇親会で石坂社長に、女性の雇用促進や待遇改善は、女性の努力ではなく、男性経営者の考え方、責務とお話させていただいた。7月11日のこのブログで投稿したが、名古屋で女性として経営者として私より大部年下の女性経営者の投稿を再掲させていただく。ご本人の了解をいただいています。

===ある女性経営者と話していて、別の女性経営者が困っているという話題に・・・こんな話は私の周りにもたくさんあって、久しぶりに怒りの感情がこみあげてきて悲しくなる。

女性って弱いなぁ。いいように使われてボロ布のように扱われる・・・いっぱいしょわされて必死で後始末している。確かに計算は得意ではない、よっぽどしたたかでない限り、母性で人のためにやりきろうとする。悪意的な結末でも、自分が悪かったとせっせと片付ける。何年続くのその後始末。自分の生活を立て直すのにどれくらいかかるんだろう。 子どもも抱えて生きていくのに・・・。

みんな普通に弱い・・・それをなんともできない自分が歯がゆい。認めたくないけど女性が活躍しにくい社会なんだろうか。お金も力もない、自分に悔し泣きした夜でした。
絶対、なんとかしてみせる!道はある!こんなに一生懸命の人達が幸せにならないなんて、絶対ない!もっと、力つけます!熱血になってしまった。

私の投稿です。
涙が止まりません。男性社長や上司は女性への心づかいがまだ足りないと思います。女性は、男性では分からない母性本能があり子供を守る、家庭を守る気持ちが強いと感じます。

ス-パ-女性社長でも、独身の女性でも、どんな女性も持っているもの=早く帰宅して家庭を守りたい。特に、幼子を持つ母親や夫や自分の両親を介護しなくてはならない女性にとっては、一刻でも早く帰宅したい気持ちがあります。従って、突然の残業は迷惑になります。男性は仕事に熱心でないと誤解します。
事前に、女性社員が本当(重要です)に同意した1~2時間程度の残業は喜んでこなすと思います。
女性が母性本能を持っていること、女性の能力を引き出す気持ちと、女性はなかなかイヤとは言えないで我慢して仕事をしていることを男性が理解することも大切でしょう。

女性経営者の投稿
ありがとうございます。女性は自分の状態に気づいてないんです。恨みもしないし嘆き悲しむこともなく受け入れていく・・・DVですよ。ヘルプも出ないから助けてもあげられない人もいる。子どもを産むという死ぬほどの痛みを幸せと思える女性だからわからないのかもしれない。許されるであろうことを男性もわかっていて、馴れ合っていくのかなぁ。
===

人に優しい企業は、女性、障がい者、高齢者に優しい。優しいかは女性は直感ですぐ分かる。人に優しい企業の社長に出会ったら転職して欲しい。
人に冷たい企業は、社員が辞めて、人不足倒産の時代に突入している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「女性に優しくないと人手不足倒産時代!」への1件のフィードバック

  1. 知野さん
    おはようございます!
    特に石坂産業さんのような完璧に男社会である業界で、女性が活躍するには本当に辛いことを沢山乗り越えてきたのでしょうね。
    我々男性では分からないこと!!
    知野さんがやろうとしていること、少しでも前に進みますように!