学ぶことと実践すること

夕方、新見付校舎4階の自習スペース。眼下の外堀通りを車が行き交う。ボアソナード・タワーは夕焼けをうつし光り輝いている。背景の空は見事な茜色のグラデーションが刻々と変化する。仕事が早く済み、授業の前に課題に取り組む。合間、ふと見上げた空の美しさに心奪われる。

多忙なスケジュールをやり繰りして大学院で学ぶ。一瞬一瞬が貴重な時間。毎就寝時、倒れこむように寝る。何とも言えない充実した日々だ。1年前の今頃、このような日々は予想していなかった。

陽明学に「知行合一(ちこうごういつ)」という言葉がある。幕末の偉人吉田松陰はこれを「知識をつけることは行動することの始まりであり、行動することはつけた知識を完成させることである。行なわなければ知っているとはいえない。知っていても行なわないのはまだ知らないのと同じである。知って、行なってこそ、本当の知恵、真知である」と解釈した。

坂本ゼミは、現場の最前線で活躍する社会人学生が中心に学ぶ。正にこの「知行合一」を実践するツワモノ・精鋭の集団。周囲の皆さんから受ける刺激は非常に強烈。この刺激だけでも大学院に進学して良かったと思える。来週から1年の最終期であるⅣ期に突入。行動と成果につながり、世のため人のためになる学びを思いっきり楽しむ。

今日一日、みなさまにとって、素晴らしい日になりますように・・・。

春木清隆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「学ぶことと実践すること」への2件のフィードバック

  1. 春木さん
    おはようございます!
    春木さんは詩人ですねぇ!
    状況を描くのがとってもお上手だと思います。
    僕も坂本ゼミで学んだ事がもの凄い財産になっています。
    今後の少子高齢化社会で生き残って行けるためのノウハウが学べることに感謝です。