ジャパンブランドについて

 M3の宇佐美です。

 かつて自動車産業や家電メーカーが牽引となり日本の躍進の原動力となっていました。
 今や製造業に並ぶ新たな強みが「日本式サービス」と言われています。

 美容、教育、外食、コンビ二、旅館業、ショッピングモールなどお客様満足を
 とことん追求したきめ細やかなサービス。
 今後、この日本式サービスが世界で実績を上げる日本ブランドになるのです。

 中国上海では日本式美容サービスを教える講座が中国全土に広がっています。
 おもてなしの心とは?

 ここで日本式サービスの一例を紹介するとある海外の地元の理髪店ではお客様がいない時には
 店先で新聞を読んでいたりする光景を目にします。
 ところが海外に出店している日本企業のお店では、いつでもお客様を
 お迎え出来るようにと店頭で1名立ったままでお待ちしています。
 
 地元のお店の習慣では意識したことの無い事までもサービスの一環として行っています。
 これを知る地元のお客様は日本のサービスは次元が違うと言われています。

 東京はじめ地方の外食店でさえ今や2020年の東京オリンピックに向けて
 全世界で約16億人のイスラム人市場を考え、ハラル対策が始まっています。

 クールジャパン戦略とこの頃良く耳にしますが、正に今、和食が世界遺産登録され
 円安等により海外への輸出がどんどん推進されています。
 今後は日本の商品をそのまま海外にて展開するのではなく、世界の文化に
 合わせたものづくりが必要かと思います。

 元々日本人はアレンジすることは得意なのだから。 カレーライスなど。

 日本の中小企業には素晴らしい物作りをしている企業がいっぱいあります。
 今後は日本式サービス+日本のお家芸であるものづくりを推進して行きたいと
 考えています。

   M3 宇佐美

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「ジャパンブランドについて」への2件のフィードバック

  1. 宇佐美さん
    おはようございます!
    こういうことで日本の良さが世界に発信できればいいですね。
    今日から上海出張です♪