終焉

野口具秋です。

昨日に続き冷たい雨です。
ベランダ越しの木々は赤茶け、落葉盛んです。
紅葉とは程遠く寒々しい景色です。
課題をこなすため、熊谷、本庄に
早朝からコートの襟を立てました。
地元埼玉は広いのです。
昔取引のあった流通の企業は、
その部門を大手卸に10年前に売却。
再構築で生き残りをかけていました。
社長の凛とした経営姿勢に感福。熱いのです。

知覧の富屋食堂、終戦間際、多くの十代の若人が
沖縄の空に散った特攻隊員が最期の食事を取った食堂。
高倉健の映画ホタルが放映されました。
健さん70の作品で、地味で決して楽しい映画ではありませんが、
忘れてならない戦争の悲劇と健さんの寂しげな背中、
陰ある不器用な人間像を演じる映像に見入るのでした。

話好きでおしゃべりな私は
無口で武骨な人間像を演じ続けた健さんが大好きです。
背中に哀愁が漂っていた健さんは遺作になった
「あなたへ」のシーンで背中が老人になっていました。
81歳でした。
銀幕のヒーローも老いる姿に涙が出そうになりました。
米国では日本のクリント・イーストウッドと称し
死を惜しんだとか…。

雪積る夕張、
ツムラ夕張に出掛けたのは3年も前になるでしょうか。
「幸せの黄色いハンカチ」の舞台です。
坂を上がると舞台の家、
寄るはずないロケ地ですが、鮮やかに目に映りました。
出所後、ラーメン屋のシーンは
ラーメンを食べるたびに思い出します。
健さん、寅さんは私の心に生き続けるヒーローなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「終焉」への1件のフィードバック