世界初!暗闇での結婚式 ~ダイアログ・イン・ザ・ダーク

きのうは東京・渋谷にあるダイアログ・イン・ザ・ダークで世界初!暗闇での結婚式に参加してきました。暗闇だからこそ、視覚にたよらない、聴覚や触覚などの五感による体験を通して見えてくるもの、心に深く感じるものがあります。

暗闇の中では、途端に赤ん坊にでもなったような無力さを感じます。そこから一歩も動けない不安に襲われます。でも、だからこそ、声だけが頼り。声をかけ合い、手を触れ合い、心でつながることができます。

新郎新婦は坂本研究室の先輩たち。改めて、おめでとうございます!

新郎新婦の入場、祝辞、歌のプレゼント、参加者全員からのお祝いの言葉、乾杯…真っ暗闇での1時間にわたる結婚式は、世界一温かな祝福に包まれたひとときでした。

新郎新婦の想いが伝わり、みんなを包み込む。みんなのお祝いの気持ちが1つになって、陽だまりのように心地よく包み込む。コミュニケーション手段である言葉がけの重要性と、その人を表す「声」そのもの大切さを再認識しました。

暗闇での結婚式が行われた、ダイアログ・イン・ザ・ダークはスタッフの3分の1が視覚障害者です。暗闇のプロフェッショナルとして、アテンドと呼ばれ、活躍しています。

きのう、結婚式のアテンドを務めてくれたのは、リーダーのひやまっち、ハチさん、ゆかさん、はーちゃんの4人。私たちに寄り添い、椅子のある場所に先導してくれたり、飲み物を配ってくれたり、見事な連携で力を発揮してくれました。

脳科学者の茂木健一郎さんは取材に訪れ、その感動を著書『まっくらな中での対話』(茂木健一郎 with ダイアログ・イン・ザ・ダーク、講談社文庫、2011)にまとめています。


※写真はNHKホームページからの引用。

暗闇の中では皆、平等です。健常者も障がい者もない。むしろ、視覚障がい者に助けてもらわなければ何もできない。

あす3月9日(月)夜にはNHK・Eテレ・ブレイクスルー「”みえない”をみる ―暗闇のスペシャリストたち―」が再放送されます。

放送日:3月9日 20:00~20:29、3月16日 13:05~13:34
http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2015-01/19.html。

ダイアログ・イン、ザ・ダークを知っている方も知らない方も、ぜひご覧ください。

それでは、きょうも心豊かな1日を。
(福満景子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「世界初!暗闇での結婚式 ~ダイアログ・イン・ザ・ダーク」への2件のフィードバック

  1. 福満さん 
    おはようございます!
    昨日は追い出しコンパでの司会、ご苦労様でした。
    結婚式に出席できなかったことが誠に残念です。
    明日のNHKはぜひ見たいと思います。