フェアトレードタウンを目指して

フェアトレードってご存知ですか?

最近、フェアトレード製品を見かけることが増えたり、フェアトレード製品を販売する企業やお店が増えてきています。
珈琲、チョコレート、オーガニックコットンなど、その種類もアイテムもさまざまになってきました。

「フェアトレードってなんとなく知っているけれど、よくわからない」って人も多いと思います。

フェアトレードとは、生産者が人間らしく暮らし、より良い暮らしができるように、正当な値段で作られたものを売り買いすることです。
今の日本には多くのモノが途上国で生産され、それをより安く購入できることが良しとされています。

しかし、その裏側には、十分に生活することができない賃金で働き、貧困に苦しむ途上国の生産者たちがいます。その中には、児童労働者として働き、教育を受ける機会を奪われている子どもも多くいます。

いわゆる途上国と先進国、または企業間の取引がそもそもフェアじゃないから、こうしたことが起きます。だから、フェアな取引をして、お互いを支え合おうというのがフェアトレードの考え方です。

そんなフェアトレードに興味を持ったのは、この大学院に入り、企業のCSR活動としてフェアトレードに取り組む企業を学ぶうちに、私の地元名古屋がフェアトレードタウンを目指しているという事を知ったからです。

フェアトレード・タウンとは「フェアトレードを広めるために、市民団体をはじめ行政、企業、店舗、学校など地域社会が協力して、自治体と共に進める街のこと、世界にはロンドン、ローマ、パリなど1400以上のフェアトレードタウンがあり。日本では熊本市が2011年にアジア初のフェアトレードタウンとなりました。

名古屋もそれに続けと地域社会が一丸となって取り組んでいます。フェアトレードタウンに認定されるためには6つの基準をクリアしないといけません、そのためには街が一つになる必要があります。

そんな取り組みをさらに多くの人たちに知ってもらうために、明日5月9日(土)に世界フェアトレード・デーなごや2015「地球とのフェアトレード~地域と世界を、そして今と未来をつなぐ~」が開催されます。

フェアトレードファッショー&トークショーやライブ、マルシェ等楽しくフェアトレードを理解して社会貢献にもなる
そんな催し物いっぱいです。

名古屋近郊にお住まいの方はぜひ、お時間があれば名古屋栄のテレビ塔、久屋大通公園に\(^o^)/
http://fairtrade-nagoya.com

M2 西森

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「フェアトレードタウンを目指して」への1件のフィードバック