人は一升マス

明日で修士二年の一期目が終わります。速い、正に瞬く間に感じます。坂本先生がよく仰る言葉に「人は一升マス」があります。

個人的解釈は、人にはみな平等に一日、二十四時間が与えられている。その貴重な時間を、どのように使うかが大切だ。と理解しています。

大学院では多くの学びが得られ、とても有り難く思っています。中でも一番の学びは、坂本先生の心と背中からの学びです。

先週のゼミで坂本先生は、「仕事を終え、夜の飛行機の座席で執筆しようとペンを持ったが、不覚にもペンを落とし、執筆できなかった…。」と話されました。日々、世のため人のため、寸暇を惜しんで働かれている坂本先生。その強くて優しい心と、大きな大きな背中からの学びが、私にとって一番の学びです。ありがとうございます。

今日一日、皆さまにとりまして、素晴らしい一日になりますように・・・。

春木清隆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「人は一升マス」への1件のフィードバック

  1. 春木さん
    おはようございます!
    本当にそう思います。
    それにしても春木さんの見る視点にはいつも勉強することが多いです。