景勝地・日本平

静岡市内には日本平(にほんだいら)という見晴らしの良い場所があります。

名前の由来は、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東夷征伐のために東組国に向かう途中に敵の包囲軍に火を放たれて危機に陥った際、倭姫命(やまとひめのみこと)から預かった宝剣で周囲の草を薙ぎ払って攻撃に転じたとうことから、日本武尊の名にちなんで名付けられました。

この宝剣が「草薙の剣」(くさなぎのけん)といい三種の一つで現在は熱田神宮に奉祀されているそうです。

ちなみに日本平は1980年の日本観光地百選コンクールで「平原の部第一位」に選ばれているので、静岡市にお立ち寄りの際には是非とも日本平へお越しください。駿河湾越しに見える富士山が最高です。

三種の神器・・・日本神話において、天孫降臨の時に、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が天照大神から授けられたという鏡・玉・剣で日本の歴代天皇が継承してきた三種の宝物。


山頂にある日本平ホテルから見える景色は最高です


日本平ホテル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「景勝地・日本平」への1件のフィードバック