焼け跡世代

野口具秋です。

とうとう野坂昭如さんが亡くなった。
戦時に幼い妹の死を体験。そのことを描き、
その後アニメ化された「火垂るの墓」、

童謡「おもちゃのチャチャチャ」、

僕にはそれより62年出刊された
「プレイボーイ入門」が記憶に残ります。

最後の「野坂さんからの手紙」をラジオで聞きました。
真珠湾攻撃で始まった太平洋戦争に触れ、
2度と戦争の悲劇を憂いた遺筆でした。

永六輔ラジオ、土曜日09:00~13:00、
今秋から月曜日18:00「六輔、七転八倒」にも
引き続き登場していました。

病から言語障害で苦しむ永さんを助けるため、
松島とも子、中山千夏、北山修(フォーククルセダーズ)、
大橋巨泉など多彩なゲストが入れ替わり立ち替わり
やって来て、支え、華を添えているのです。
野坂さんは必ず登場でした。
曜日時間帯が変わっても、相変わらず賑やかな番組です。

ラジオが大好きでTVはまったくと、
露出がなかった小沢昭一さん。
亡くなって3年が経ちます。

「小沢昭一的こころ」
39年間、1万回の口演を平成12年9月に残した
芸人・俳優でした。

登場する主人公、万年課長代理49歳サラリーマン・
宮坂サンが思いだされます。
クスリと笑いを誘う話術の天才だと芸の神髄を感じます。
何10年も楽しませてもらいました。

ラジオは車使用の営業マンには欠かせないアイテムです。
朝、現在なお自宅では
TBSの大沢悠里の「悠々ワイド」を流しています。

かつては「一週間のご無沙汰です」の
玉置宏さんの話術にはまっていました。
プロアナウンサーながら
「間」は立川談志一門で落語修行を続けていたそうです。

じじい、ババーでお馴染みの毒蝮三太夫、
マムチャンも79歳ながら、
若々しい声で朝10:30に声が流れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「焼け跡世代」への1件のフィードバック