本当におめでとうございます。

受賞された社員、役員の皆様、社外社員、お客様、地域社会の皆様等、関連する皆様。
本当におめでとうございます。

日本でいちばん受賞が難しい賞と言われる「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」第6回の受賞企業です。

・経済産業大臣賞 サトーホールディングス株式会社 (東京都目黒区、従業員数1842名、全体4719名)

・厚生労働大臣賞 株式会社 エイチ・エス・エー(神奈川県小田原市、240名)

・中小企業庁長官賞 株式会社日本ロック(静岡県浜松市、162名)

・実行委員長賞 社会福祉法人アンサンブル会(長野県伊那市、80名)

審査委員会特別賞
・四国管財株式会社(高知県高知市、600名)

・島田株式会社(大阪市西淀川区、36名)

・有限会社真京精機(栃木県真岡市、40名)

・株式会社SHINDO(福井県あわら市、193名)

・拓新産業株式会社(福岡県福岡市、57名)

・株式会社Dreams(大阪市、8名)

・日本理化学工業株式会社(神奈川県川崎市、76名)

・株式会社パーソナルアシスタント青空(愛媛県松山市、122名)

・株式会社びわこホーム(滋賀県甲賀市、23名)

・株式会社マルブン(愛媛県西条市、20名)

実行委員会特別賞
・瀬戸内海巡回診療船済生丸事業(岡山・広島・香川・愛媛)

・巣鴨信用金庫(東京都豊島区、1277名)

・学校法人池谷学園 冨士見幼稚園(横浜市港北区、15名)

・一般社団法人モリス(静岡県静岡市、7名)

坂本光司審査委員長(法政大学大学院教授)が、1000社応募があって500社を表彰しても良い。
厳しい審査基準を銀行が融資の際に採用したら、この賞がなくなるとも言われた。

新聞・雑誌記者等の方が13名、質問をされた。
世の中の流れが変わってきているのではないか。
坂本ゼミ生としてまもなく2年経過するがひしひし感じる。
10数年前までは障がい者と言うと避けられきた時期があった。
数年前から変わってきている。
障がい者が分け隔てなく働いている職場は社員みんなが明るいし、障がい者なのか分からない。

今年の受賞者を見ると株式会社とか社会福祉法人等の組織は関係なくなっていると感じる。
来年は、自治体の表彰がありそうだ。

23日水曜日は、東京都飯田橋・市ヶ谷から10分の法政大学で、受賞企業に力一杯の拍手をして欲しい。

申し込みは下記からお願いしたい。懇親会のみ5000円、どなたでも参加できる。
受賞企業の概要、受賞理由も掲載されている。
まもなく修士3年になる知野進一郎です。

http://taisetu-taisyo.jimdo.com/ニュースリリース/第6回アワード-ニュースリリース/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です