タニサケ塾

今週は日・月曜日に岐阜県揖斐郡池田町にある株式会社タニサケの松岡会長が主催するタニサケ塾に参加してきました。毎月一回実施されるこの塾は、20年以上続いていて、今回で241回を数えます。宿泊費と食事代の実費以外の費用を徴収せず、松岡会長の開塾の志「中小企業の皆様に元気を与えること」を貫いています。

参加者は、全国から集う経営者や社員さん。内容はトイレ掃除、洗車、気功、朝礼、工場見学、講話などを行います。

株式会社タニサケは、ゴキブリ殺虫剤「ゴキブリキャップ」のメーカーです。 社員33名(パート3名を含む)ながら売上高9億円弱、経常利益が2億円、自己資本率97%のという高収益優良企業。

「徹底した環境整備」、「営業マンのお客様へのお礼のハガキ書き」、「感じの良い挨拶」、「改善提案件数が毎月200件前後の日本一の知恵工場」、「ありがとうカード」、「社内報『フレッシュタニサケ』の3000部発行などなど、平凡なことを20年以上やり続けていることがその礎です。

この会社をリーダーとしてけん引している松岡会長が2日間、みっちりと受講者に向き合う合宿でした。松岡会長の人を引き込む魅力的な笑顔、誰よりも率先して動き回る圧倒的行動力、全体を観て、弱者に気を配る優しさ、その場・その人に最適で具体的な愛溢れる助言・・・。
リーダーとして活躍されている皆さまに、人間性を磨き上げるためにお勧めできる、いい体験でした。

今日も皆さまにとって、素晴らしい一日になりますように。

春木清隆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「タニサケ塾」への1件のフィードバック