「ビクセン」さん、さらば価格競争の55Pから62P

オーストラリアのハミルトン島の満天の星空、和歌山県御坊市の星空。私の星空の想い出。

みんな、星空の想い出があると思う。

国内シェア60パーセント。
「星」は恋人で、「天体望遠鏡」は愛人。昨年12月に放映されたカンブリア宮殿での天体マニアの方の言葉だ。
「ビクセン」さん、さらば価格競争の55Pから62P。

非価格で取り上げたが、小売店では価格競争もあるようだ。新妻社長、社員の皆様は頭が痛いだろう。

宙(そら)ガール、21世紀の主役の女性にターゲットを絞るのは正解だ。山ガール等もそうだ。

女性の年齢別に商品や売り方を考える。
男性の年齢別に商品や売り方を考える。
加えて地域別に考えることも非価格のヒントだ。

長野県の阿智村、日本でいちばん星空が素敵だ。人口6700人の村が一大観光地になる。

家族や恋人同志、「幸せや感動を届ける」会社ビクセン新妻社長と社員の皆さん。
新妻 和恵社長、1966年12月 埼玉県生まれ。1989年中央大学商学部卒業 会計事務所に就職2006年ビクセン入社(先代社長は父、新妻貞二)2008年代表取締役社長就任*趣味:登山、天体写真

企業プロフィール、1949年双眼鏡やカメラの卸売りで創業1966年天体望遠鏡の製造販売を開始1976年ダイキャストと呼ばれる製法で量産に成功2012年「宙ガール」という言葉で女性戦略を展開2014年自動追尾駆動台開発で経産省グローバルニッチ企業100選に選定

9月8日にA62SSの新商品を発売している。
夜空を見上げながら結婚を決めたカップルも多いだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です