下請企業を苦しめている大企業の話しです!

坂本光司先生は、「外注先や協力会社の社員とその家族を幸せにすること」と言われています。

先日、ある5社の経営者と情報交換会をした時の話しです。

5社のうち3社が売上が伸びず賞与を支払うことができなく、出せても寸志しだけ。

3社の中の1社は築地移転が長引いたことで豊洲に納品した機械の支払いが止まってしまっているのと、既に完成した機械が納品できずに倉庫が一杯になっていて、本当に困っている。

もう1社は資本金100億円のHから仕事を貰っていますが、半年ごとにコストダウン要請があり、これ以上のコストダウンをすると赤字が増えてしまうので決算書を見せたところ「そんなことは関係ない」と突っぱねられた。

ちなみに、この資本金100億のH社は、Hグループの中の1社で、売上が1,443億円、利益82億円も出している大会社ですが利益が出ているにもかかわらず社員100人未満の中小企業を倒産させかねない値引要請を強要しているという事が実際にあるということを聞いて、今さらながらビックリです。

あの超大企業T社が世間を騒がすような事態を起こしたが、それに肩を並べるようなH社も、そのようなことが状態化しているならばT社と同じ道をだどるのも、時間の問題かも知れないと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です