求人難時代!

有効求人倍率がバブル時以来の高水準の1.43倍

バブル時は景気拡大による求人難ですが、今回は少子化と生産労働人口の減少による求人難。

1.43倍というのは143万人の人を採用したい企業に対して、就職希望者が100万人しかいないということ。

東京都はなんとの2.0倍。

「時給2000円でも職人が採用できない」と、知り合いの寿司屋の社長さん。

静岡県経営者協会の会合でも「人が採用できない」という意見が!

「社員を採用したくても人がこない」と、知り合いの社長さん。

昨日のテレビでも求人難のことを報道していました。

今後、超人難が当たり前の時代になったのは間違いありません。

村田光生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です