小峰隆夫教授の最終講義

野口具秋です。

小峰先生の最終講義に出席した。
経産省出身の高級官僚であったことは招致していた。
講義に縁は無かった。わが師と並ぶ看板教授である。
日経の一面で良く記事にお目にかかった。
講義は楽しく笑いは豊富。判り易く学生の人気も高かったようだ。
誘ったFさんも感慨ひとしおの面持ちであった。
人気教授が次々と退官する。時代は巡る、か。

日曜の夜、眠い目を我慢してTVにかじり付いている。
1981年から2002年まで続いたTVドラマ「北の国から」だ。
何度目の再放送だろう。
四季折々の富良野の自然に展開する小さな家族の物語だ。
原作者の倉本聰は当時の世代だけでなく、
新たな世代の支持を得ていると語る。
95~98年に放映された「時代」で主演した
シュウ・宮沢りえは本当に愛くるしく光輝いていた。
質の高い作品は見飽きない。観るたびわくわくさせるのだ。

国内で糖質カット ダイエットが大流行だ。
米国では10年以上前に席巻した。
僕は体重70kg超、最大85kgあった。
酒に伴う接待が無くなったら、いつの間にか現状まで減った。
浜大の教授がカロリー過多になれば増え、過小なら減る。分かり易い。
急激な減量はリバウンドが酷い。
経済アナリストの森永氏が好例だ。
パーソナリティーの生島ヒロシ氏は下腹部の皮膚が弛み切っている。
心すべし。

開幕戦女子プロゴルフは、残念ながら韓国人アン・ソンジュが
1打差で逃げ切った。
3日目に首位に立った川岸史果に思い当たる節がある。
90年代に尾崎将司率いるジャンポ軍団の一員であった
通算6勝を挙げた川岸良兼を父に持つ娘だ。
コースを風が吹き荒れたコンディションであったが、
最終日スコアーが39では。アンは1オーバーであったが、自滅だ。
涙にくれたことだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です