「教育勅語」は素晴らしい

尊敬する
池間哲郎先生の金曜日の投稿。
教育勅語は大切だ。

池間先生の投稿。
「教育勅語」は素晴らしい
 森友学園の問題で「教育勅語」が悪者になってしまった感が有る。「何だかな~」との思いが強い。
 教育関係者との会話でも「子ども達に教えるとは何事だ!」と激怒していた。「ちなみに教育勅語の内容は知ってますか?」と聞くと「あの~その~」と言葉を濁す。
 私自身は教育勅語の12の徳目に「素晴らしい」と感動した。解りやすく現代語に変えると以下の様になる。

1、親孝行を致しましょう。
2、兄弟姉妹、仲良くしましょう。
3、夫婦は仲良く。
4、友達は大切に。
5、自分の行動は慎み深く。
6、全ての人に慈愛の手を。
7、勉学に励み職業を身につけよう。
8、自分の才能を伸ばしましょう。
9、人格向上に努めましょう。
10、社会の為に尽くしましょう。
11、法令を守り秩序を守りましょう。
12、国の為に尽くしましょう。皇国を支えましょう。

 私なりの捉え方で文章を書いて見たのだが、これの何処が破壊的なのか?理解に苦しむ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です