東日本大震災から6年


3.11。東日本大震災から6年経ちました。
きのうはどんな時を過ごし、何を思いましたか。
私は静かに祈りを捧げるとともに、あの日犠牲になった方の分まで真摯に、今を大切に生きようと思いを新たにしました。

現地に行くと、元気を取り戻している地域と、まだまだ復興していない地域、震災後のまま置き去りにされた地域など様々です。すでに環境を変え生活基盤を作って頑張っている人たちもいれば、いまだ心をもぎ取られた状態で悲しみの中に身を置いている人もいます。

当時の状況を聞くと、6年たった今でも、涙なしではいられません。私たちが当事者だったかもしれない。そして、当事者にしか分からない気持ちにただ、ただ耳を傾けます。、励ましの言葉をかけるより、そっと寄り添い続けること、一緒に時を過ごすことが大切だと感じます。応援してるよ、ずっと見てるよ、一緒にいるよ、と強くやさしく心に誓って。

私たちはいつ、災害に見舞われるか分かりません。また、いつ大切な人の死に直面するかも分かりません。感謝を忘れず、支援をささやかに続けていきたいと思っています。

きょうはこちらの会場へ。東京で開催される東日本大震災復興応援のイベントです。ささやかながら、今できる形でこれからも支援し続けていきます。

きょう1日、きょう1日…と目の前の人や物事を大切にしながら、ひとつひとつ丁寧に積み重ねるように、日々を過ごします。

それでは、きょうも健やかにお過ごしください。

感謝を込めて。
福満景子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です