小田原 報徳農場へ

愛媛県のパーソナルアシスタント青空の佐伯代表の昨日の投稿から。
本物の自然栽培は、他の生き物も蘇る。

小田原 報徳農場へ

二宮尊徳の報徳思想にいきる 田島会長と報徳ワーカーズが 自然栽培 2年目に チャレンジする。

スタッフの井上くんが 1年目の 自然栽培の田んぼに
ホタルや サンショウウオ が 来たんですよ!

と 富士山の見える田んぼで興奮ぎみに 話してくれた。

いままで どの田んぼでも 見なかったという。

他の地域でも 例えば 群馬の 菜の花の 古淵くんは
田んぼにヒメミズカマキリが 現れたと 嬉しそうに写真を見せてくれたり、 他の地域にも メダカ タガメ タイコウチ が 田んぼに現れた情報をくれる。

自然栽培は 生態系にも いい影響を与えている。

生態系が 戻ってくることで 人も 田んぼに戻ってくるような気がする。

非効率な仕事のように見えているが この栽培は たくさんの新たな価値と しあわせ を 生んでくれる。

「re-create」

自然回帰 再創造 ニッポンの田舎にルネッサンスが 生まれている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です