受賞企業17社で昨日、HPに掲載した3社を紹介したい。

一昨日、法政大学で開催された「第7回 日本でいちばん大切にしたい会社大賞」の表彰式。
17社の受賞企業のうち、昨日、自社のHPに掲載した3社を紹介したい。

1.「TOTO」さん

第7回日本でいちばん大切にしたい会社大賞
「経済産業大臣賞」受賞
TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:喜多村 円)は、
「人を大切にする経営学会」(会長:坂本光司 法政大学大学院教授)・「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞実行委員会(実行委員長:清成忠男 元法政大学総長)が主催する第7回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞において、経済産業大臣賞を受賞しました。

「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞は、企業が本当に大切にすべき①従業員とその家族、②外注先・仕入れ先、③顧客、④地域社会、⑤株主の5者をはじめ、
人を大切にし、人の幸せを実現する行動を継続して実践している会社の中から、その取組が特に優良な企業を表彰し、他の企業の範となることを目的として、2010年度から実施されています。

経済産業大臣賞は企業規模を問わず特に優秀と認められる会社に授与されています。

■経済産業大臣賞 受賞理由:
1.過去5年間の平均離職率が極めて低く、約1%である。(※1)
2.TOTOグループ全体では、障がい者社員304名のうち、約半数が重度障がい者と精神障がい者でありTOTO本体では、3名を除き、全員正社員である。(※2)
3.有給休暇の平均取得率は76.1%、社員の平均年収は業界平均と比べて極めて高い。(※3)
4.TOTOが行政と協同し取り組んできた関連会社サンアクアTOTOは、三セクの数少ない成功事例である。(※4)
5.取引先をパートナー企業として評価・位置づけし、ほぼ全額現金決済や公正妥当な取引をしている。
(※1)TOTO株式会社2015年実績:0.8%
(※2)TOTOグループ全体の雇用データ
(※3)TOTO株式会社 2016年実績
(※4)サンアクアTOTOは福岡県、北九州市、TOTOの3者が出資した第3セクター方式で1993年設立

2.「ネオレックス」さん。

「日本でいちばん大切にしたい会社」受賞 高付加価値システムの提供と、人を大切にして幸せを追求する経営が評価
2017.03.22
クラウドやiPadアプリの勤怠管理システムを開発・提供する株式会社ネオレックス(本社:名古屋市、社長:駒井拓央)は、第7回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞にて「審査委員会特別賞」を受賞し、2017年3月21日に表彰されました。
「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞は、経済産業省などの後援のもと、「人を大切にする経営学会」などが主催する顕彰制度です。
ネオレックスは、小規模なソフトウェア開発会社でありながら付加価値の高いシステムを開発・提供していること、そして手厚い家族手当や社内風土にあらわれる人を大切にし幸せを追求する経営が高く評価されました。
表彰式は、2017年3月21日に法政大学市ヶ谷キャンパス・さったホール(東京都千代田区)にて開催されました。

3.「ベル」さん

3月21日(火)第7回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞
の表彰式にて審査委員会特別賞をいただきました☆
https://goo.gl/XNaQm5
坂本教授より審査経過と結果、表彰内容などのご説明があり

表彰式に参加出来たBELLメンバーで記念撮影

会社の目指す方向が正しいのか?これで本当にいいのか?
これといった正解や成功法があるわけではなく、
自分たちで理想の姿「日本一の感動企業」になろうと
がむしゃらに取り組んで来ました。
今回、このような栄えある賞を頂戴出来、
ご評価いただけたのは最幸です!

ご一緒させていただきました他の受賞企業さんも使命感や継続力が素晴らしく、心震える内容ばかりで刺激的でした!
これからも大家族主義経営を実践しながら
働く人がイキイキ輝き、お客様に役立ち、存在が社会貢献となる
日本一の感動企業を目指して精進していきます‼

徐々に日本全国に「人を大切にする輪」が広がっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です