日本ガイシ、65歳定年へ!

3月20日(月)の日刊工業新聞に「日本ガイシ、65歳定年」の記事が掲載されていました。

下記がその全文ですが、今後世の中が65歳時代となる方向に向かうのは間違いないように思います。

・・・・・日本ガイシは4月、全社員を対象に65歳定年制度を導入する。介護との両立支援制度の拡充や、短時間勤務、週3回勤務の導入により、65歳まで働き続けられる環境を整える。ベテラン社員に長く働いてもらい、会社の成長につなげる。人事制度も25年ぶりに改定し、総合職、一般職などの職域区分をなくす。
一般社員は60歳以降も年収を維持し、管理職は職責や役割に応じた年収水準を設ける。現在は65歳までの再雇用制度があり、8割以上の社員が選択するが、賃金や大幅に低下している。
新人事制度では、2本柱の評価制度も導入する。各自の業績達成度などを昇給・賞与に反映する評価と、求められる役割に対する充足度を昇格に反映する評価に分ける。・・・・・

日本ガイシのHPの「全従業員に65歳定年制を導入」一般従業員の人事制度も改定し、有能な若手・中堅人材の創出を促進のお知らせの最後に下記のように書かれたありました。

「当社は今回の制度改定で、従業員の意欲を高め、安心して能力を十分に発揮し続けられる環境を整え、持続的成長に向けて経営基盤のさらなる強化を図ります。」

村田光生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です