「LEADERS 2」を観て

先日TVで、昭和の日本のある大手自動車メーカーの導入期・成長期を描いた「LEADERS 2」を感動しながら観ました。

志、使命、情熱、命を最優先、製造と営業は会社の両輪、親会社と下請・協力会社の大家族的な信頼関係、盤石のリーダーシップなど、大いに学ばせていただきました。戦後、素晴らしい方々の活躍の下、繁栄と平和な時代に私は守られて育ってきたことがわかりました。

役者の中ではファンである山崎努の存在感が渋く光っていて、中小企業の底力、英知、真価を体現していました。

下請構造のメッシュ化、グローバル化、IoT、AI、電気自動車、クラウドEDI、、、と、近未来はかなり変わるらしいですが、志や使命といった善きDNAは不変なものとして将来に継承されていくのだと思います。

わが身に置き換えると、私はご先祖様の積善や陰徳のおかげで生きてこられ、私の代で徳を薄めてしまい申し訳ない気もしますが(失笑)、これから心がけ良く修正して、善きDNAは子孫につないでいきたいと襟を正す気持ちになりました。

日本の素晴らしい先達の方々には頭が下がります。学びに感謝して。M2 本田佳世子
 (ドラマの中の重箱のおいなりさんが愛情あふれて素敵でした。手料理の価値も見直しました)
    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です