坂本光司ゼミ イン ニーハオ

2年前か、参考になる。

坂本光司ゼミ イン ニーハオ

28日は義烏(イーウー)マーケットの玩具と文具売り場を主に4時間くらい視察した。
坂本先生は毎年、来ている。私も数年前にTVで見て興味を持っていた。
すべて回るには1か月はかかると思う。半日だから坂本先生が的を絞った。女性グループは別行動。

常設ブースが約7万軒ある世界最大の日用雑貨卸し売り市場で、170万種類以上の商品が扱われているという。4区に分かれ東京ドーム40個分くらい広さがありそうだ。

ガイドさんによるとテナント料は狭いが年間で1000万円以上とのこと。それだけ当たれば儲けが大きいが外れれば撤退。日本の若者が大量に仕入れて日本で売り儲かった話もある。

多くは卸売りで販売単位が数百以上だが、折衝すれば1個からも。日本円で数千円でラジコンとかロボットが手に入る。

中国語で呼びかけ、ロボットが理解できれば5曲まで歌を歌う。
山口県の夢のみずうみ村や愛知県のタンポポ介護センター等の福祉施設で使えば、歌を歌えば「ユーメ(みずうみ村内の通貨)」を貰えると高齢者のやる気を引き出す、他国語や他国通貨を扱うと脳を活性化する等のアイデアが出てくる。

起業者や次の手を考える経営者にはお勧めしたい。
イン 義烏マーケット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です