安定的事業継続に向けた事業継続計画(BCP)策定

2016年度中小企業白書より事業継続計画(BCP)策定の資料メモです。

[リスクマネジメントの必要性]
・企業規模別にみると、中小企業においてはリスク管理体制が十分に整っていない。

・リスクマネジメントのプロセス
リスクの発見及び特定→リスクの算定→リスクの評価→リスク対策の選択→リスク対策の実施→残留リスクの評価→リスクへの対応方針及び対策のモニタリングと是正→リスクマネジメントの有効性評価と是正

[安定的事業継続に向けてBCP策定の、大規模災害への備えの必要性]
・企業規模別のサプライチェーンにおける位置づけを見ると、中小企業は他企業の下請けである割合が5割を超えている。

・代替調達に対しては、中小企業のサプライチェーンの維持についての意識は低く、対策が遅れている。

・仕入先についての対策は、製造業では、非製造業よりも対策を講じている割合が高い。また、「中期事業計画あり」の企業の方が、積極的に調達先の分散を行っている。

・販売先の他社からの代替調達については、サプライチェーンの維持に対する意識が高く、販売先とも情報を共有し検討を進めている。ただし、下位の下請企業にになるほど販売先との情報共有ができていない。

・拡大志向の企業の方が各リスク対策が進んでいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です