滋賀県湖南市の「シンコーメタリコン」さん

2年前の投稿だ。
あす、訪問させていただく。

立石社長に会うのが楽しみだ。超プラス思考、2年前の訪問後に本に紹介させていただき、何度か情報交換させていただいた。

今回は、
企業理念等を確かめること
いつ誰が創ったか、その想い
それを社員にどう浸透させているか
エピソードだ

もう一つ、
村田シニアの修士論文、溶射業界の人財確保とシンコーメタリコンさんのそれだ。
2年間で、村田ジュニアがゼミ生になった。プロレスに代わるエピソードがあるか。
【日本でいちばん大切にしたい会社大賞】の応募基準に障がい者手帳を持たない障がい者が追加されたので、確認させていただく。
5年前から、いらっしゃれば、大賞に推薦させていただく。

2年前の投稿、社員数は81名になり5名増えている。

日本を、機械を長寿の国に。

1933年、昭和8年に創業、82年の歴史がある。
社員数が76名、社内結婚6組、親子の社員3組!

滋賀県湖南市の「シンコーメタリコン」さん。
飛行機、新幹線始めとする防錆効果を上げる。または、機械部品を長寿化するための表面処理の一つに溶射がある。
3代目の立石豊社長は、日本溶射工業会の会長でもある。同行したゼミの先輩の村田さんの村田ボーリング技研株式会社さんの名前もある。

立石社長、芸術大学出身らしい。多くは動画で説明をされた。超プラス思考、54歳、平成6年に社長に就任する。最近、外部に委託した社員満足度、なんと86%!

毎年、前期の業績によって海外旅行に行く。リーマンショックの時は、1泊2日のキャンプになった。キャンプも社員の企画で楽しんだ。

結婚式を挙げていない社員も会社で社内イベントに挙式の場が設定される。
プロレスラーに憧れた社員には、結婚式場で本物のリングが作られプロレスラーの夢を叶えた。

慣れ親しんだ会社だが看護士になりたい夢を実現するために退社した女性社員のために送別会を企画した。
看護士の資格取得のためにはお金も必要で夏休みには同社でアルバイトをする。

昨年9月から始めた、社員の誕生日には社員の両親にお礼の素敵な社員のイラスト入りのハガキが届く。
パウチしてハンドバックに入れたているお母さんもいる。

色々な福利厚生もある。
社長、経営幹部、社員とのギスギス感はない。伝統のようだ。
各種制度も自然と感じた。

坂本先生、「障がい者雇用、または施設の支援をされていますか?」
されていれば間違いなく、日本でいちばん大切にしたい会社大賞になる。

3組の親子の社員、お父さんとご子息のパターンは1組。他社ではほとんどないだろう。
2組はお父さんとお嬢さんだ。驚きだ。同社の風土の良さの結果だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です