お江戸日本橋

野口具秋です。

2020年以降、日本橋の上を走る首都高が地下化され、
日本橋の空の景観が戻ってくる。
両国にある江戸博物館に江戸時代の日本橋が再現されている。
橋を越えると、侍・町人のお江戸にタイムスリップする。
2005年に小泉純一郎首相・当時が提案した。
石原慎太郎氏も提案したと思う。
予算が5千億円かかる。
五街道の起点だった日本橋は江戸文化の象徴だ。
♪お江戸日本橋、七つ立ち♪(午前4時ころ)は、
大きな空の景観が一番似合うと思いませんか。

久しく顏を見せなかった会社時代の同期生から書中見舞いが届いた。
深刻な病を発症し、リハビリでようやく快方に向かっていると記している。
その間、仲間は「来る気のない奴は、ほっとけ!」とつれなかった。
飲み会が近い。電話をかけるが様子が変だ。奥さんが喋り始めた。
新たに喉の悪性腫瘍でリハビリの最中だと語る。
経過は順調だが、声を失ってしまった。
「今日、電話があったと伝えます」。僕は声を失ってしまった。

名古屋にいる孫・音舞ちゃんから
「夏、お盆にグランパの家に行くよ」嬉しい電話が来た。
月初め、誕生日を我が家で祝った琴クンがやって来たばかりだ。
徒歩10分にプールがあるぞ。
池袋サンシャインの水族館は電車で20分。
大宮の鉄道博物館は40分もあれば到着だ。
東武動物園だって1時間強で行くはずだ。
ここへ移り住み20年は経つが、出不精で東京ディズニーランドは当然、
豊島園プールさえ1度だって行ったことがないのだ。

僕と島さんと清水さん3人は、ほかに誰も客がいない焼鳥屋で3次会だ。
飲むほどに、語るほどに、島さんの数奇な人生が開封される…。
カントリーソングの同胞だった。
古い楽曲、60年前のザ・ブラウンズ「谷間に3つの鐘が鳴る」を聴いている。
誕生、結婚、天国の旅立ち。
人世の儀式ごとに教会の鐘が静かな谷間に鳴りわたる。名曲だ。
賑やかな昨夜の3人のおしゃべりを思い、
500枚のCDを自慢げに披露したいと思案している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です