静岡県掛川市等にお店を展開する「たこ満」さん

昨日、金曜日の日経MJ(流通新聞)に昨年「カンブリア宮殿」に登場した静岡県掛川市等にお店を展開する「たこ満」さんが紹介された。
18日の日経(地域版)にも掲載されたようだ。

コンビニのイートイン(店内飲食)コーナーが目立ち始めている。

昭和のカフェ 高齢者に的 菓子のたこ満
 菓子店運営のたこ満(掛川市)は17日、大東総本店(同)に隣接する形で喫茶店「たこまん珈琲館」を開いた。
菓子店に加えてコーヒーを飲みながらくつろげる空間をつくり、地元の高齢者らを誘客する。
大東地区周辺には付近に同様のサービスを提供する店が少なく、住民の交流拠点になるとみている。
100平方メートル弱のスペースに約30席を設置した。テーブル席を中心にして席と席の間に余裕をとり、来店客が会話を楽しめる・・・

10年前だろうか、愛知県の知多半島の「コメダ」を訪れた。
田んぼや畑が多いので閑散かと思ったが、
じいちゃん、ばあちゃんで満員だった。

10年経過した。64歳の私もじいちゃんかもしれない。

「たこ満」さん、洋菓子、和菓子、共に美味しい。
地元の人に手土産として持参しても歓迎される。

伊勢への手土産を忘れた私、
「赤福」を持参した。
赤福、地元では特別な列をなす特別な赤福もあるが地元の人は余り食べないらしい。

高知市は安くて止まらない「芋けんぴ」、駅内の店で1000円の大袋を買い手土産としたらどうなるか。

「たこ満」さん、特に店長の応対は見事だ。
サービスは何かを教えてくれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です