「加工単価5%値下げのお願い」

「加工単価5%値下げのお願い」

「2017年8月1日より加工高単価の5%引き下げにご協力ください」

社員数600人、売上高90億のA社社から封書が届きました。

この会社は加工機械の精度を左右するような重要な部品を制作しているのですが、「海外新興メーカーの台頭による低価格帯製品の乱売で状況は日々厳しさを増していて社内努力だけではもはや限界にいたりました」というもの。

賃金の安い国々の品質レベルが上がってきたということなのだと理解しましたが、このような案内は9年前のーマンショック以来です。

当社は取引額が少ないのでまだいいですがA社からの仕事を柱としている企業はそれだけ利益が減ることに。

世界の企業がお客様というのは独自性がある製品ならば企業拡大しますが、価格競争に陥るような製品の場合は死活問題になる要素を含んでいるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です