明日、日曜日、再放送 朝8時から



土曜日の朝10時05分から再放送されたので日曜日の再放送はないかもしれない。

いつもは30分番組
1時間15分番組

愛知県長久手市の我が家、1時間100ミリ以上の豪雨を3回経験した。2回は自宅で夜。

昼間は、7月14日、小雨で岐阜県の各務原市に向かった。高速から降りて、国道41号線に、後から分かったが、1時間あたり140ミリの雨、言いかえれば、一面に14センチ降ったことになり排水ができないので、道路に30センチは水が溢れた。

先方に、遅れる可能性があることをスマホから連絡した。携帯・スマホがない時代は車を停め公衆電話ボックスへはためらう。
約束した時刻に無理して向かうことになる。

道路が下り、水だまりが出来、車が水没するアンダーバスがあれば、避けるつもりだった。

大口町は余り雨は降らなかったが、五条川が決壊、住民からの電話が殺到し13名で対応し、現場への対応が遅れた。この失敗を活かす。
行政の首長は必見。

明日、日曜日、再放送
朝8時から

録画して、職場、会社で社員と一緒に見たい。

ナビゲーションスペシャル「身近に危機が!“異常豪雨”」
東海4県と北陸3県の放送。

番組HPから。
東海北陸地方を繰り返し襲う“異常豪雨”。2011年の台風12号では三重県で死者を出し、80人の命が奪われた。突然の豪雨は、予測が難しく対応が遅れがちだ。番組では異常豪雨を徹底分析。早い段階で予測するための研究や身を守るための避難の仕方など、私たちの命や暮らしを守るための最前線の取り組みを紹介する。

静岡大学防災総合センター教授…牛山素行,三重大学教授…立花義裕,タレント・岐阜県出身…鈴木ちなみ,小山径,岡田沙也加,山崎淑行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です