経営者の手帳」35/100

経営者の手帳」35/100

35、企業の最大の商品は、”社員”という名の商品である。

類似した商品を扱う企業の業績の優劣や、同一組織の社員の成果の優劣を見ていると、その格差の最大の要員は、企業力や商品そのものではなく、それを売る社員、サービスを提供する社員にあることがわかる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です