29年後に工場が無くなる?

29年後に工場が無くなる?

坂本光司先生からの情報です。

経済産業省「工業統計表 産業編」より抜粋。

1990年と2014年の事業所数を比較すると驚くべき結果となっています。

24年間でなんと33万7,735事業所が減少しているので、1年間で13,797事業所が減っていることになる。

1990年、72万8,853事業所
↓ 
2014年、39万7,735事業所

この調子で行くと計算上では28.8年後には事業所が無くなることに!!!

ちなみに製造品出荷額は24年間で20兆円も減少していました。

景気がいいといいますが、こういうところで景気感を感じられないのでしょうね。

村田光生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です