いい会社へ変身するには、衝撃が大きい方が良い

ある日、「社長、うちの会社、暗いと思います」。
数日後、「社長、我が社、暗いと思います」。
忘れた頃、「社長、ちょっと来てください」。「うちの会社、暗い、と思います」。

新潟県三条市の「オークス」さんの佐藤社長、ガクッ、ガクッ、ガクーンと打ちのめされ起きあがれないほどの衝撃を受けた。

法政大学大学院、坂本光司研究室の9月初頭の夏合宿、男女社員とも、「笑顔」、「笑顔」、「清々しい応対」、社長の説明。ゼミ生一同、良い衝撃に圧倒される。

7月に訪問した東京、銀座の「ランクアップ」さん、社員を2泊3日の合宿研修に出した。
幹部社員だけの合宿は問題なかったが、若手社員の合宿、主催者から岩崎社長に緊急呼び出しがあった。若手社員、何をやって良いか分からず放心状態だった。

「会社がうまくいかないのは、社員のせい」。潜在意識でそう思っただけでも、会社はうまくいかない。

「悪い会社は、私(社長、トップ)がいけないから」と意識するだけで、社員が信じられない動きになる。

「社員のせいにしていた私に原因がある」。社長、トップの心が変わると、社員が信頼し始める。お互いに、いい会社にしていかなくては、いけないとベクトルが同じ方向に向く。

両社共、素晴らしい会社だ。
共通点、若い主婦層を主に口コミで商品が売れている。
マスコミの取材が多い、
福利厚生制度が素晴らしい^_^だから、子育てママが多い。

多くの方が錯覚することがある。
素晴らしい「福利厚生制度」があっても素晴らしい会社はできない。
社長が自分一人だけでは成り立たないと自覚することが前提だ。

これは、「業績が良いから社員のモチベーションが高い」のではなく、「社員のモチベーションが高いから業績が良い」のと同じだ。

岩崎裕美子社長が魅力的。
男性の佐藤俊之社長、翌日の合宿の帰りの駅まで見送りに来てくれた^_^

共に女性を楽しくさせ、女性を綺麗にする商品、
両社共、ご愛用されている方、1社しか知らなかったり、両社共、知らない場合も愛用して欲しい。
HPから商品の検索、注文ができる。

あえて、詳しいことは記載しないので両社のHP、インターネットで検索して、新聞、雑誌等の掲載記事を見て欲しい。
オークスの意味はHPに掲載されている。
ランクアップは着実に一歩ずつ登っていく意味だ。岩崎社長には、異次元のアップを考えている感じがする。

女性が心身共に美しく元気になることは、日本を明るくする。男をときめかせる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です