時代、国が変われば、打ち首か公開銃殺かもしれない

師匠、法政大学院 坂本 光司教授、
毎月の4~5本の雑誌、新聞等の記事と並行して、2冊の本を執筆中だ。
先月からは、日本でいちばん大切にしたい会社6、
どの会社が紹介されるか。

昨年から執筆している
経営学原論、仮称、

時代、国が変われば、打ち首か公開銃殺かもしれない。

現在の経営論は儲けとか利益追求、、。
坂本教授、俺もそう思うが、面子等が邪魔になり、そうだと言えない教授も多いだろう。

日本でいちばん大切にしたい会社の感動と違ったコメントをいただけそうだ。
2000円前後らしい。

45年前頃の4年生大学の参考文献、教授の自著で分厚く5千円はしていたと思う。

今の大学院、他人の著書、1000円台の参考文献も。

本は安くなった。

坂本教授の本、
年末か年始、社員がお得意さま、パートナー企業さま等に贈呈されることを頭に入れておいてほしい。

6で、俺、私の経営は間違っていたと変える場合は全社員と読むトップも出てきて欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です