二十世紀梨

野口具秋です。

突然、鳥取から二十世紀梨が送られてきた。
友人ではあるが、頂く理由がなく首をかしげる。
見事な大玉で綺麗な緑色に輝いている。大好物なのである。
韓国や中国では、翡翠色の果物として珍重される。
関東では、褐色の長十郎系の梨が主流で二十世紀は季節が短い。
果汁タップリ、シャリとした口触りと控えめな甘さが堪らない。
幼少を過ごした姫路では産地に近く、梨といえばこれを指した。

45年前に鳥取まで、彼に頼まれ結婚式の司会に出かけた。
中国地方は高速がない時代、名古屋から車で遠かった。
鳥取大を卒業した独身寮の同僚の親友だった。
それ以来の友人なのではあるが。同僚は70歳まで頑張ると言って
がんと闘ったが、昨年夏68歳で逝った。
友人は最後まで親交があり、霊前に供えるために僕を思い出し贈ってくれた。
同僚は三ケ日で、みかんを栽培していた。
毎年、僕はミカンを発注していた。

カバンの製造販売を生業とする「協和」にゼミの仲間と訪問した。
幹事役の今井さんに馬喰町駅でピックアップしてもらい大助かり。
出生数が100万人を切る昨今、
ランドセルの専業にひたすら生きる若松専務。
肢体不自由な就学児に一人ひとり状態に合わせカスタムメイドの
ランドセルを毎年200個制作するのだそうだ。
にもかかわらず、価格は当社の通常価格、駄目なら支払いは一切なしだ。
夢多き将来の宝の成長に夢を共有する。

タバコ白書が発表された。
男性の喫煙率は30%で女性が8%、全体では18%と
最低だった15年に比べ、わずかに上昇。
群馬県の喫煙が高く、奈良県が最も低い。
その差は15ポイントある。
タバコを吸わない我々の関心は受動喫煙である。
10階に住む僕の部屋に煙が漂ってくる。
何年か前、上に住む住人とバトルを繰り広げ追い出したことがある。
窓を閉め切り換気扇を回さず、煙を100%呑み込めと言ったのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です