2月7日木曜日、17時から、東京都文京区湯島で。

BCPって、

私は愛知県長久手市に住んでいるが、毎月、長久手市から広報誌が配布される。
一昨日の広報誌には、地震の際のチェックリストか配布された。

家庭でのチェックリストだ。
我が家では時々、地震でマンションの我が家に入れない場合は、マイカー、徒歩5分と15分の場所と避難場所を決めている。

復旧まで時間がかかる場合は、妻の名古屋市の実家になる。
新しい家族、2代目シシィが来て、4日経過した。動きが素早い、まだ生後、5か月。

シシィが最優先、我が家の復旧に時間がかかる場合は妻の実家か。

会社の場合は、社員が自宅にいる場合、通勤途中、会社にいる、お客様のところにいる、、。
地震の場合は、家事の場合は、短時間豪雨の場合は、先日の大雪の場合はどうだったと見直すことが第一歩だ。

2月7日木曜日、17時から、東京都文京区湯島で。

講師の静岡市の石井洋之先生はBCPのプロ、だが、参加者に分かりやすいように説明していただけると思う。

社員や家族で万が一の場合、話し合っておくことが役立つ。

BCPの有無で災害時の被害と復旧は雲泥の差になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です