丹後王国

パソナグループが運営する東京駅前のパソナビルの13階にある大手町牧場を紹介した。
大手町牧場で検索し申し込むと誰でも入場できる。

京都府の京丹後市の大切な友達、本田修一さんから、丹後王国があると連絡をいただいた。

動物たちもいて、愛犬シシィも制限があるが、入れる。ホテルもある。

京丹後市、福井ほどでないが、雪が多く、昨日は閉園している。

多分、経営難でパソナグループが、3年前から支援していると思う。素晴らしい取り組みだ^_^2015.02.19

パソナグループ 丹後地域で”地域活性化事業”を推進
地元食文化を活かした「10次産業化拠点」を運営
~ 西日本最大級の道の駅『丹後王国「食のみやこ」』
4月19日リニューアルオープン ~

株式会社パソナグループ(本社:東京都千代田区、代表取締役グループ代表 南部靖之、 www.pasonagroup.co.jp)は、京都府京丹後市の京都府農業公園「丹後あじわいの郷」(旧名称)が、西日本最大級の道の駅『丹後王国「食のみやこ」』(新名称)にリニューアルされるのに伴い、京都府、京丹後市の支援を受け、地元企業とともに運営してまいります。
 
丹後地域は、古来より大陸との交易を通じて文化・技術が発展し、古墳時代には「丹後王国」が栄えたといわれています。
現在は豊かな自然環境と歴史・文化が集積した「海の京都」として人気を集め、豊富な海産物のほか、日本で初めて稲作が行われた伝説が伝わる美味しいお米の産地としても有名です。

そしてこの度、京都府京丹後市の京都府農業公園「丹後あじわいの郷」が西日本最大級の道の駅『丹後王国「食のみやこ」』にリニューアルされ、4月よりパソナグループは地元企業ととも運営してまいります。

『丹後王国「食のみやこ」』では、丹後地域の食材にこだわった市場やレストラン、カフェを設けて地元企業や生産者による”丹後の食”を提供します。
また丹後地域全体の総合案内や情報発信を担う”ゲートウェイ機能”を設けることで、地域観光の促進を図ります。
そして地域の豊かな食文化をより一層発展させるため、農業や食に関わる”人材の育成”を行ってまいります。
地元食材を用いたこだわりの食事や付加価値の高い加工品の開発、また農漁業体験など観光業との連携によって地域の「6次産業化」を推進するとともに、地元産業を担う次世代を育成する「人材育成」(4次産業)を加えた「10次産業化拠点」として、丹後地域の産業の活性化を目指します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です