伊那食品工業

伊那食品工業の塚越会長の話を聞くとわが社は絶望感を味わう方が多い。
井上社長の話を聞くと、わが社にも希望があると明るくなる。

井上社長から聞いていた内容の投稿。
本音が言える社員、
本音を聴ける風土、
創業者の井上社長のお父さんから受け継いだと思う。

法政大学大学院 坂本 光司教授は、
理念の塚越
戦略の井上
と言う。その通りだと思う。

ー12.5度、平昌と同じだ。

水曜日の井上修社長の投稿。

三年目研修の私の時間。26名の宝物の社員たちです。殊更思い出深い子達です。

この子達の一年目(平成27年 11月)の研修で、3月の入社する前と入社して7ヶ月経ったギャップがあるだろう、それを教えてという問いに、

出るわ❗出るわ❗不満が濁流のように寄せられました。一番ショックな意見。

入社前はいい会社だと言えたのに今は言えない自分がいますという東京勤務の女性。札幌出張事にちょっと早く行って話を聞いたのですが、なんとその日は彼女は非番でした。フォローになってなかった苦い思い出です。簡単には解決出来なかったですが常にのし掛かる大きな問題でした。

中村さんのパソコンを借りましたから始まる、一年後の彼女の返信には思わず涙が出ました。

そんな文章を了解を得て皆に公開し、恐る恐るじゃなく有給を取れる会社にしよう、株主が全員社員の会社を目指そうと訴えました。

そんな彼女も今日は一番右奥で手を上げてます。いい会社を作りましょう、未だ未だ発展途上です。

伊那は➖12.5度。今年の最低温度です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です