羽生、宇野

羽生、生放送で見れなかった。

何度も繰り返しの放映、新聞、ネットを見た。

フリーは、チェン、羽生、宇野の順。
宇野は山田満知子コーチも。伊藤みどりから続いている。
思わぬショート18位からあきらめずに5位は立派だ。

羽生、右足も体力もギリギリ持った感じだ。やめようと考えたこともあるようだ。
人間としても成長したようだ。
仙台を主とした被災地の方々の支えも大きかった。

羽生23歳、宇野20歳、次のオリンピックは、日本からは誰?、世界からは?
次は北京オリンピックで、良き戦いを期待したい。

2020年の東京オリンピックから、パラリンピックと同時開催とならないのだろうか。

メダリストたちから、周りの方々に感謝したいは当たり前となった。
日本人の価値観の変化も同じだ。

羽生の目からは涙、ショートの順位とか上手くやるとかは頭になかった。本番まで心の準備を主にして全力で当たった。バランスを崩しても対応し無我の世界だった。宇野はじめ上位の選手はその境地だった。
しばらく休んで4回転アクセルにチャレンジする。

宇野は世界選手権へ向かう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です