株式会社ISOWA

今日は磯和社長のターニングポイントをHPから拾った。

社長挨拶

「自分と自分の愛する家族の幸せのために働ける、世界一社風のいい会社」を目指して

株式会社ISOWA 代表取締役社長 磯輪 英之

ISOWAは「自分と自分の愛する家族の幸せのために働ける、世界一社風のいい会社」を目指しています。

私がISOWAに入社したおよそ30年前、ISOWAは今とは全く違っていました。
職人気質の技術者たち、個人プレーの横行、トップダウンの指示待ち体質・・・
危機感を感じた私は、あれこれ手を打ちました。
でも、何をやってもうまくいきませんでした。
それもそのはず、私が一人もがき苦しんでいたのは、全て「氷山の上」のことばかりだったからです。

「氷山の上」とは何か?
これは「氷山モデル」といって、会社を氷山になぞらえた考え方です。
氷山と同じく、会社もその構成要素のうち目に見えるもの(会社の事業、組織、制度、仕組みなど)はほんの1割くらいで、ほとんどは水面下に沈んでいて見えない。
水面下にあって、目には見えないけど、会社を決定づける「氷山の下」のもの。それは「組織風土」です。

この「氷山の下」が十分に成熟しておらず、社員との信頼関係ができていない状態では、「氷山の上」にどんなに立派な制度やルールを掲げても、何をやっても、それは「やらせ」にしかならない。
バランスを崩して沈むだけ。

そう気づいてから、私は、自分が旗振り役となって「氷山の上」で進める活動を一切やめて、とにかく「氷山の下」を耕すことに専念してきました。

「やらせ」る代わりに、あちこちに「しかけ」ることにより、その「しかけ」は、やがて互いに化学反応を生み、私も、社員も、そしてISOWAも、大きく変わり始めました。

そして2006年、手ごたえを感じつつあった私は、「世界一社風のいい会社をつくろう」という冒頭の理念を初めて社員に向けて語り始めました。

この「世界一社風のいい会社をつくろう」という組織に対する「私のビジョン」、そしてその後私が発信してきた様々なビジョンが、ISOWAビト同志(同士ではなく、同志です)の対話や行動を通じて、私の中でも、そしてISOWAビトの中でも意味付けされ、深化していきました。
すると、最初は「私の(私だけの)ビジョン」だったものが、次第にISOWAビト全員で共有され始め「我われのビジョン」に進化していくことに。

実は、このプロセスこそが、ISOWAの風土改革なんです。

今や、ISOWAでは問題は与えられるものでなく、自分たちで問題化することが求められる会社です。

ここまで来ると、それまでとは違ったことに気づくようになりました。

「これは、単なる社員満足の次元にとどまるものではないんだ!」

今度はこの風土改革の成果を、段ボール機械メーカーとしての本業の上に咲かせることができないかと、考えるようになったのです。
世界一真剣に風土改革に取り組んでいるISOWAだからこそ、お客様に、そして世界に、提供できるコトがあると、信じているんです。

そしてたどり着いたのが「ISOWAは止めません! 止まりません!」であり、単なる生産手段ではなく、お客様に愛され、幸せを運ぶ「i機」であり、従来の修理修繕ではなく、その一歩も二歩も、さらに何歩も先をいく「NEXTサービス」です。
でもこれで終わりではありません。
さらにこの先に、風土改革にこだわり続ける私たちISOWAにしか見つけられない新しい価値「新価」がまだまだあるのではないかと、日々、ISOWAのどこかで、ISOWAビトの誰彼が集まって、気楽にまじめな話し合いをくり広げています。

段ボールを通じて世界中に夢を提供する。

そんなワクワクする夢に向かって、私たちは今日も走り続けています。

平成29年11月15日

審査委員会特別賞

1)企業の概要

(1)企業名 株式会社ISOWA

(2)所在地 愛知県春日井市

(3)主事業 段ボール製造機械の設計・製造・販売・メンテナンス

(4)代表者 磯輪英之社長

(5)設立年 1952年

(6)社員数 279名

2)主な受賞理由

(1)社員の希望と生活を重視し正社員比率は100%である

(2)「自分と自分の愛する家族の幸せのために働ける、世界一社風のいい会社を目指す」を想いの軸に社員満足度を高める理念経営を実践していることもあり、離職する社員はほとんどいない(直近の離職率は0.4%程度)

(3)才はもとより徳の高い「ISOWAビト」を育てる教育にトップが率先垂範している

(4)障がい者雇用率は2.2%、全員が正社員である

おめでとうございます。

写真は同社のHPから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です