越後屋

越後屋を誤解していた。私も打首獄門だった。
池間哲郎先生の投稿から。

「水戸黄門」で侍は悪だと思ってしまった
 子供の頃、国民的テレビ番組だった「水戸黄門」を家族で見ていた。そのせいで「侍は悪い奴」「日本中に悪代官がゴロゴロ」「百姓は虐められていた」と思わされてしまった。

 百姓から搾取する「悪代官」と「悪徳商人」のシーンが良く出てきた。その商人が何故か?「越後屋」が多い。菓子折りに包まれた賄賂を懐に入れる悪代官が「越後屋、お主も悪よの〜」と下品な顔でニタリ。越後屋は「いえいえ御代官様ほどでは御座いませぬ」と揉み手をしながら嫌らしく笑う。

 大人になり高潔なる武士道精神に気付き「あの水戸黄門は何だ!」と怒っていた(笑)。代官が悪とはトンデモナイ。自分の管轄する地域で大事件が起きると、監督不行き届きで「お家断絶」「切腹」のお沙汰が言い渡される。それほど厳しかった。日本中に悪代官が居たと思ってた自分が恥ずかしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です