コネクシオ株式会社

第8回「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」受賞おめでとうございます。

受賞された15社を1社ずつ紹介してきました。
15社目です。

厚生労働大臣賞

1)企業の概要

(1)企業名 コネクシオ株式会社

(2)所在地 東京都新宿区

(3)主事業 携帯電話の卸売・販売及び携帯電話を利用したソリューションサービスの提供

(4)代表者 代表取締役社長 井上裕雄

(5)設立年 1997年

(6)従業員数 5,083名

2)主な受賞理由

(1)従業員数5,000名を超える大企業でありながら、「ESなくしてCSなし」を経営の重要テーマに位置付け、社員1人ひとりの仕事のやりがいと成長実感を大切にした経営を実践している

(2)すでに4年前から働き方改善活動に戦略的に取り組んでおり、また雇用面では、この4年間で約2,000名の非正規雇用労働者を正規雇用労働者化している

(3)正社員比率が76%と業界の平均をはるか上回っている

(4)社員1人当たりの月間所定外労働時間の削減にも積極的に取り組んでおり、残業時間が比較的多くなりがちな業界の中で、同社はここ数年にわたり、19時間程度と、メリハリのある働き方になっている

(5)障がい者雇用にも積極的に取り組んでおり雇用率は2.43%と高い

2013年6月に新社長就任の際のネット情報から拾った。
コネクシオ株式会社
コネクシオ(CONEXIO)は、ラテン語の「絆」を語源とします。
コネクシオには、私たちが、お客様一人ひとりの想いを大切につなぐとともに、つながるすべての人々へよろこびの輪をひろげ、信頼の絆を深めていく、という願いと熱き決意が込められています。

新社長のプロフィール
1952 年生まれ。東京都出身。1975 年に早稲田大学理工学部卒業後、伊藤忠商事(株)に入社。
36年間、産業電子機器・情報産業関連の業務に携わり、その後1年間、伊藤忠テクノソリューションズ(株)で法人向け保守・運用サービス等を担当。
2012 年4 月より当社副社長 執行役員として法人事業を統轄。
2013年4月より当社代表取締役社長に就任。信条は「常に誠実であること」、趣味は史跡巡り、美味しい食事とお酒を楽しむこと。

2013年4月より社長に就任されましたが、その経緯や社長に就任されたお気持ちについてお聞かせください。
2012年10月のパナソニック テレコム(株)との合併から半年が経ち、組織の見直しを含めて経営統合を着実に進めてまいりました。
これに一定の目処が立ったこともあり、2013年4月1日より代表取締役社長として就任し、新体制に移行することとなりました。
2013年3月期の端末販売市場は、スマートフォンやタブレットの販売が好調に推移し、引き続き拡大しました。
また、これまでスマートフォンの普及率が比較的低かったシニア世代やファミリー層、首都圏以外の地域のお客様からの需要が高まっており、市場の変化を感じました。
ステークホルダーの皆様の期待に応え、社長としての重責を果たしていきます。

新しい社名、新しい企業理念が決定しましたが、決定に至るまでの過程や、それらに込める社長の想いをお聞かせください。
これまでの企業文化も大切にしながら、新たなスタートに向けて邁進します。
新しい社名および企業理念の策定にあたっては、社内で多くの議論を重ねてきました。新し
い企業理念には、あらゆるステークホルダーをつなぎ、価値創造の連鎖を生み出していく、そんな想いを込めています。
また、従来掲げてきた「主体的に」「フェアに」「誠実に」という考え方は、企業文化の礎であり当社の強みであると捉え、今後も大切にしていきたいと思っています。
新社名については、新企業理念が決定した後に全社員を対象に公募を行い、約1,000件の応募案の中から最終決定いたしました。
予想以上の応募総数となり、社員の積極的な参加を大変嬉しく思うとともに、会社に対する熱意を感じずにはいられませんでした。

写真は同社のHPから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です