平和的核融合のような現象が引き起こされることでしょう

5月に65歳になる私、
1年前に修士論文を提出し、法政大学大学院 坂本 光司ゼミを卒業し、3月で70歳で退官する坂本先生にさらに学んだ。
来月からは、「人を大切にする経営大学院」に30名程の塾生を迎える。

私の投稿を見て、社会人大学院、MBAに学びを求めたり、大学の1科目だけの授業を受講されたりしている。
参考になれば幸いだ。

大学院に合格した時に現・TKC全国会会長の静岡県浜松市の坂本孝司先生からいただいたメールだ。
「合格おめでとうございます。素晴らしいことです。従来の実務の経験に加えて、理論的バックボーンが加味されれば、
平和的核融合のような現象が引き起こされることでしょう。ますますのご研鑽と成果をご期待いたします。 坂本孝司」
ご自分の体験に基づくものだった。

これは入学してから3か月後に分かった。

TKC在職中に坂本孝司先生から電話をいただいた。
「東京大学大学院に合格したので、(故・)柴田圭造先生に伝えて欲しい」と。
柴田先生、高校しか出ていなかった。60歳を超えて名城大学生になった。
まさか、この私が大学院生になるとは、まったく考えていなかった。
柴田先生、坂本先生の大学、大学院入学が潜在意識の中にあったんだろうと思う。

間違え易い。
坂本 光司(こうじ) 静岡県焼津市在住
坂本 孝司(たかし)静岡県浜松市在住

毎朝、お礼の挨拶をしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です