最終講義

坂本教授の講演を聞かれた方は多いと思う。

大学院の授業は、90分、10分休憩、90分と1回で3時間の講義となる。

多くの方は、60分、90分、長くても120分の講演しか聞いていないと思う。

最終講義だが教授は一里塚とも思っていない。いつも通り前へ前へだ。

180分の講義は深みが違う。この機会を生かして欲しいと思う。

当研究科所属 坂本 光司 教授「最終講義」のお知らせ
法政大学大学院政策創造研究科の坂本 光司 教授(中小企業経営革新プログラム担当)におかれましては、2018年3月末をもちまして定年を迎えます。
坂本先生は大学院政策創造研究科の創設以来、当研究科の発展に尽力され、研究科長も歴任されました。
坂本先生の幾多のご功績を讃え、多年にわたる御指導に感謝するとともに、今後ますますのご活躍とご健康を祈念いたしまして、下記の通り最終講義を開催することといたしました。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

日時 2018年3月17日(土) 13:30~

◆最終講義◆

■ 場所 法政大学市ヶ谷キャンパス 富士見ゲート棟5階 G503教室
■ 時間 13:30~16:30(受付12:30から)
■ 講義 坂本 光司 教授 「人を大切にする経営学講義」
■ 参加費 無料
◆アクセスマップ◆
添付写真をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です