仙台市のアップルファーム、六丁目農園の渡部 哲也さんの投稿。

仙台市のアップルファーム、六丁目農園の渡部 哲也さんの投稿。

シャープの創業者早川徳次氏が68年前に設立した
日本最初の特例子会社に訪問して参りました。
関東大震災で本社を東京から大阪阿倍野に移し

松下幸之助氏と切磋琢磨しながら日本の電気産業を牽引し、
戦後日本を作って来た1人でしょう。
座右の銘は、何くそ、と日々耐えて来たそうです。

戦地で障害を追った職業軍人の雇用を目的として始まった
そうで、障害者雇用率とか無い時代に始めた凄すぎ社会貢献
事業です。

現在の障害者雇用は貢献では無く当たり前の事です!
シャープ本体の要のレーザーチップ検品を任されて
バッチリ障害特性を発揮させていて収益も確保出来ている
理想的な関係性を作られて居ました。

昔の起業家は企業は公の器と心得て事業を行なって居た
のですね。カッコ良すぎますね。
上前さん有難う御座いました(o^^o)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です