夕べは創造的破壊、破滅の宴だった。

夕べは創造的破壊、破滅の宴だった。

法政大学大学院の坂本 光司ゼミの同級生だった、来月に65歳になる私と10歳年下の西森義人さんとその友達の職人のデザイナーの駒田斉さんとの出会い、私より20歳若い。

私のFacebookの概念を破った。破壊され破滅し、再構築する。

駒田さん、投稿を見るとソラマメが好きだ。
夕べもオーダーしていた。美味そうな焼き加減、皮にかぶりついたが、中身だけのようだ。

新しい名刺の校正中で本日、結論を出す予定だが、駒田さんと会い名刺のご指導をいただくことにして延期する。

私の名刺は札幌の日新堂印刷さんに依頼している。坂本ゼミ入学前から阿部社長とFacebookの友達だったからだ。
何度か版を変えているが担当は佐藤さん。

新しい名刺のゲラを見て、駒田さん、文字、能書きが多すぎると考えていなかったお言葉。

両面白紙の点字名刺も考えたが早すぎる。
白紙の名刺を渡すだけで会社名、名前、住所、、仕事内容、趣味、本音が分かる名刺も出るかもしれない。

駒田さんにご指導をいただく前にFacebookに私にはありえない時刻に投稿させていただく。

新しい名刺、私の2年前からの夢が叶う。
静岡県浜松市の目が見えない方や視力が弱い方がイキイキ働いている六星さんの50名の障がい者とスタッフ12名と斯波理事長にお一人お一人に点字名刺を渡すことだ。3年前に訪問したとき、目が見えないのにみんな素敵笑顔で驚きだった。

駒田さんも会社で社会貢献をしている。

悪友、西森さんの投稿、
経営者の親身の相談相手の知野さんと販促の親身の相談相手であるデザイナーの駒田くんの出会いによってなにか新たな化学反応が起きるかワクワクしながら傍観!

文字数は?
スマホのメール文字数で設定が出てくるができない、良友、西森さんに依頼するか^_^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です